NPO 国際社会人剣道クラブ
HOME国際社会人剣道クラブとはごあいさつ定款入会案内年間スケジュールお問い合わせ

ごあいさつ

会長 湯村 正仁

「国際社会人剣道クラブ」は1965年9月に、近畿地区の社会人剣道家の要望で、故和崎嘉之先生が提唱者となって結成されました。終戦と共に禁止されていた剣道が復活し、全日本剣道連盟が結成された13年後のことです。国内ではようやく経済復興が進み、剣道諸団体の体制が整いはじめた時期でした。このような時期に剣道を通じた国際交流を目指したということは刮目に値するものでした。同年11月中華民国において第一回大会が開催されたのは、世界剣道大会が開催される4年前のことです。

その後、北海道・東北、関東、東海、近畿・四国、中国、九州の6地区クラブが結成され、各地区の月例会を開催する一方、毎年国内あるいは海外での大会・講習会を開催し発展してきました。また1999年9月には「特定非営利活動法人(NPO法人)」として再出発をいたしました。当クラブの目的は「剣道を通じて寛容と奉仕の精神により国際親善に寄与する」ことであります。

私達はこの目的のもとに、「剣道の理念」に則り、剣道を通じて「広く人類の平和繁栄に寄与する」ため、会員こぞって剣道と人格を高め、世界に対して日本固有の身体文化である剣道を発信してまいります。特に、未だ剣道の指導力が行き渡らない国々に対し応援の手をさしのべてまいります。

 

平成26年3月吉日